<   2006年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 28日

KID’S WEAR&SHOES

ピクルスをOPENしてから6年になりますが、少しずつヴィンテージ&レギュラーの子供服を集めていましたが、今年は少しお店にスペースが出来れば少しずつ店だししていこうと思います。
子供服はサイズの幅が非常に多く集めるのに大変ですが良いのが有れば買ってこようと思います。子供服などに興味がある方はスタッフに声を掛けてみて下さい。
f0007767_2038265.jpg

[PR]

by picklesusa | 2006-02-28 20:38 | What's New
2006年 02月 27日

リチャード・ニクソン

f0007767_20224087.jpg


第37代大統領 1969年1月20日-1974年8月9日
生年月日 1913年1月9日
没年 1994年4月22日
アメリカの政治家で、1969年に第三七代大統領就任。
ベトナム戦争の拡大、ドル危機など内外に動揺を深めたが、米中接近を実現。
1974年にウォーターゲート事件により引責辞任。 ドル防衛策の強行などで、国内外に動揺を与える一方、米中接近やベトナム戦争の休戦を実現させた人物です。
(ウォーターゲート事件)ニクソン再選を図るアメリカ共和党の大統領再選委員会が、1972年にワシントンのウォーターゲートビルにある民主党全国委員会事務局に侵入し盗聴器をしかけようとして未遂に終わった事件です。
ベトナム戦争への対応,ニクソンは、当時アメリカの若者を中心に増加してきた「ヒッピー」文化の信奉者や保守主義者、ベトナム反戦論者らを嫌っていたアメリカ人の大多数を占める「サイレント・マジョリティ」に向かって自らの政策を主張した。ニクソンはまた、秘策によりベトナム戦争を終了し「栄誉ある平和」を実現することを約束。1969年7月30日にニクソンは南ベトナムへ予定外の訪問をし、グエン・バン・チュー大統領およびアメリカ軍司令官と会談を行った。その5日前、1969年7月25日にニクソン・ドクトリンを発表し、ベトナム戦争への過剰介入を抑制しようとした。しかし1970年4月には、カンボジアへ侵攻。翌1971年2月にはラオス侵攻を行い、結果的にベトナム戦争はさらに拡大してしまう。

しかし、その間もニクソンはヘンリー・キッシンジャー国家安全保障担当大統領補佐官に、北ベトナム政府との秘密和平交渉を継続させ、秘密交渉開始から4年8ヶ月経った1973年1月23日に北ベトナムのレ・ドク・ト特別顧問の間で和平協定案の仮調印にこぎつけた。そして4日後の1月27日に、ウィリアム・P・ロジャーズ国務長官とチャン・バン・ラム南ベトナム外相、グエン・ズイ・チン北ベトナム外相とグエン・チ・ビン南ベトナム共和国臨時革命政府外相の4者の間で「パリ協定」が交わされ、その直後に協定に基づきアメリカ軍は撤退を開始し、1973年3月29日には撤退が完了。ここに、ジョン・F・ケネディ大統領時代に始まったアメリカによるベトナムへの軍事介入は幕を閉じた。
[PR]

by picklesusa | 2006-02-27 20:33 | 商品紹介
2006年 02月 26日

60's Swing Top

f0007767_20373284.jpg


スイングトップというネーミングは、スイング(SWING)しやすい上着(トップ)が命名の由来であり、VANがつくった和製英語であることはすでにご存じの方も少なくないと思います。スイングしやすいというのだから元々はゴルフヂャケットを指していて、動きやすいラグラン袖を採用しているほか細部にわたった工夫がされています。

今年の春先に着たい1枚ですね。これ1枚で、いろいろな着方が出来ると思います。
お探しの方、是非この機会にいかがですか?
[PR]

by picklesusa | 2006-02-26 20:42 | 商品紹介
2006年 02月 25日

必要不可欠な物!

今日は古着屋さんにとって必要不可欠な物を紹介します
仕入れに行くと絶対に地図がいります
これがなければ仕入れは出来ません!

いろんな町に行くとその町々の表情が有りとても楽しいです。
皆さんもアメリカに行ってドライブする時は買って使ってみて下さい!
使わなくなったら部屋のインテリアにもなりますよ!

f0007767_20502672.jpg

[PR]

by picklesusa | 2006-02-25 20:52 | MAP
2006年 02月 24日

商品入荷しました!

明日25日新商品の入荷日になります。
レギュラー&ビンテージ商品や小物、コンバースなど入荷しています
お近くにこられる方は遊びに寄って下さい!
スタッフ一同お待ちしています。
宜しくお願いします。
f0007767_20263650.jpg

[PR]

by picklesusa | 2006-02-24 20:26 | What's New
2006年 02月 23日

70's PETER MAX

f0007767_1933362.jpg


ピーター・マックスはヨーロッパで生まれ上海、チベット、南アフリカ、イスラエル、そしてフランスで成長期を過ごしました。こうした幅広い文化背景のおかげで彼の作品は芸術的にとても多様性に富んでいます。マックスは色彩と質感が、のびのびと用いられた時にどんなに素晴らしい魔法を引き起こすかを、ごく自然に学んだのです。
 ピーター・マックスは、自由、世界規模の自由、そして平和というような、現代あるいはどの時代にも重要な問題に対して語り合ってゆける、そういうアートの永続的な能力に対して、世界の人々を注目させました。現在、彼は現代アメリカ文化の一部として全米国民に認められています。
[PR]

by picklesusa | 2006-02-23 19:41 | 商品紹介
2006年 02月 22日

コンバース  色々

ここ最近非常に人気の高いコンバース達です。
アメリカ工場が閉鎖になり見る見るうちに値段も高騰し集めるのが非常に難しくなってきました。
中古品になりますが、MADE IN USAになります
ビンテージのコーチやチャックテイラーから始まり90年代のコンバースが揃っています
今回は色々なカラーを集めることが出来ましたのでまた見によってやって下さい。
お待ちしています!
f0007767_2122532.jpg

[PR]

by picklesusa | 2006-02-22 21:23 | What's New
2006年 02月 21日

ファイヤーキング

f0007767_1941212.jpg


ファイヤーキングとはアンカー・ホッキング社(ANCHOR HOCKING)から発売された、アメリカ食器ブランドの名前です。
ぽってりとした見た目は、ガラスの厚みからくる恩恵
手触り、口当たりがまろやかな、やわらかな色合いのとてもかわいいミルクガラスの製品です。
炎の王様とは耐熱ガラスのこと。当時からその機能性や耐久性、デザインやカラーの豊富さから、大変人気の食器でした。 アメリカはオハイオ州ランカスター。1905年とあるカラスメーカーに勤めていたアイザック・J・コリンズ氏がたった6人の仲間達をパートナーとして、新たな会社を立ち上げました。
社名は工場の近くを流れるホッキング川から名前を取り、「ホッキング・グラス」です。なんて、シンプル。
そして50人の従業員を集めて、小さなガラス工場を始めました。
気の合う仲間が集まった、活気に溢れた会社はあっという間に軌道に乗り、大規模な火災や1929年の大恐慌にも屈することなく成長し続けていきます。
1937年の末、ホッキング・グラス社はアンカーカップ社等、数社のガラス会社との合併により「アンカーホッキング・グラス」に社名変更。
そして5年後の1942年、ついにファイヤーキングブランドが誕生、他社のグラス社を圧倒していきました。
大量生産、インダストリアルデザインが主流の時代。時代に乗り遅れることなく、現在私たちが手にしている数々の商品や斬新なシリーズを続々と発表していきます。
それから30年余過ぎた1969年に、現在馴染み深い「アンカーホッキング」へ社名変更。
「古きよきアメリカ」と言われた1940年代。
第2次世界大戦の真っ只中、対戦中にも関わらずアメリカはベビーブームでかつ経済成長が続いていた活気に満ち溢れていました。
ファイヤーキングが生まれたのは、そんな時代です。
そんなときに作られたこのファイヤーキングのデザインは、驚くことに特別なデザイナーが手掛けたのではなく、社内のデザインチームが担当しています。
豊かで明るかったかつてのアメリカの雰囲気が反映されて、あのハッピーな色使いやリラックスできる質感を可能にしたのです。
[PR]

by picklesusa | 2006-02-21 19:46 | 商品紹介
2006年 02月 20日

何でも、アメリカ物が良いですね。

f0007767_20353821.jpg


MADE IN USAのBICのライターを、ご紹介したいと思います。
MADE IN FRANCEのBICは出てくるのですが、アメリカ物は比較的に少なくいです。
BIC社のライターは、柄のデザインが大変可愛いです。こーいった、ちょっとした小物選びも重要だと思います。(私的ですが・・・)
今回のデザインは、ヴィンテージ好きな方には持って来いのデザインだと思います。
タバコを吸う方、タバコ吸わない方にもオススメアイテムです。100円ライターを使ってる方、この機会に、是非いかがですか?
[PR]

by picklesusa | 2006-02-20 20:47 | 商品紹介
2006年 02月 19日

リーバイス デニムバック&ドール

f0007767_20173170.jpg
昨日仕入れから帰って来ましたので少し現地で撮影したリーバイスのビンテージデニム使用のバックやドールやバインダーの紹介をしたいと思います。 今回、リーバイスのコレクターと知り合いこの写真の品々を分けて頂きましたが、その中でも非常に大きいデニムバックは僕も一度も見た事が無く非常にびっくりしました。そもそもは促進販売用に使われていた物になると思います。赤タブの方も当然(E)になります。
また、お店に寄って頂いたら見て帰って下さい。

今回の商品入荷は平日に少し続つと大量の入荷は25日(土曜日)になります
お近くまでこられた方は遊びに寄って見て下さい!
お待ちしています。
[PR]

by picklesusa | 2006-02-19 20:17 | アメリカ仕入れ日記